スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

神風ハーピィ

 2014-01-21
2014/2/1制限対応
神風ハーピィ

-モンスター(22枚)-
嵐征竜-テンペスト×2
ハーピィズペット竜×3
ハーピィ・クィーン×3
ハーピィ・ダンサー×3
ハーピィ・チャネラ×3
召喚僧サモンプリースト×2
ハーピィ・レディSB×2
ハーピィ・レディ1×1
ドラグニティ-ブラック・スピア×2
A・ジェネクス・バードマン×1

-魔法(13枚)-
テラ・フォーミング×1
死者蘇生×1
ハーピィの狩場×2
霞の谷の神風×1
ヒステリック・サイン×3
万華鏡-華麗なる分身-×2
大嵐×1
ブラック・ホール×1
七星の宝刀×1

-罠(6枚)-
奈落の落とし穴×2
ヒステリック・パーティー×2
神の警告×1
神の宣告×1

-エクストラ(15枚)-
トライデント・ドラギオン×1
氷結界の龍トリシューラ×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
No.74 マジカル・クラウン-ミッシング・ソード-×1
幻獣機ドラゴサック×2
No.11 ビッグ・アイ×1
No.63 色の支配者ショック・ルーラー×1
No.73 S・H・Ark・Knight×1
ハーピィズペット幻竜×1
零鳥獣シルフィーネ×1
電光千鳥×1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド×1
励輝士ヴェルズビュート×1
ガガガガンマン×1

-サイド(15枚)-
ドロール&ロックバード×2
エフェクト・ヴェーラー×2
増殖するG×2
サイクロン×3
ナイトショット×2
ゴッドバード・アタック×2
透破抜き×2


初手からランク7のドラゴサックorビッグ・アイ 
ランク4のショック・ルーラーを立てに行ける神風ハーピィです


初手 「サモン、魔法1枚、ヒステリックサイン、ハーピィと名のつくカード1枚」

サモン→魔法捨ててチャネラ特殊召喚 サインで万華鏡サーチ→万華鏡でハーピィSBor1特殊召喚
→チャネラ効果 手札のハーピィ1枚捨ててペット竜特殊召喚
→ドラゴサックエクシーズ+ジャイアントハンドエクシーズ

「魔法1枚」がなければサイン捨てからのチャネラ→☆4ハーピィの何か
→ショックルーラーエクシーズ  エンドフェイズにサイン効果→ハーピィ3枚サーチも


結構回ります 以前の環境の中堅とは戦えるくらいに。
ただし回転力しか上げてないこともあって、ガン伏せ+チャネラorサモンにヴェーラーに弱いので
その点をサイドデッキでサポートしないといけないです。


大体ドラゴサックかルーラーを初手で出せますが
最大まで回るとサックorミッシングソード、ルーラーまでいけます
ぐるぐる回すと楽しい!


その他投入候補・・・
・強制脱出装置→バックを厚くできる
・スワローズ・ネスト→チャネラを出しやすくする ただし単体で機能しないので事故率アップ
・星態龍→たまにシンクロ☆11が欲しくなる   


スポンサーサイト
タグ :

暗黒界エクゾ

 2012-09-20
スピード★★★★★
スタミナ☆☆☆☆☆
攻撃力 ★★★☆☆
守備力 ☆☆☆☆☆
圧縮率 ★★★☆☆
安定性 ★★☆☆☆
特殊勝利型  


-上級(3枚)-
暗黒界の竜神グラファ×3


-下級(11枚)-
封印されしエクゾディア×1
封印されし者の右腕×1
封印されし者の左腕×1
封印されし者の右足×1
封印されし者の左足×1
暗黒界の狩人ブラウ×3
暗黒界の術師スノウ×3


-魔法(26枚)-
一時休戦×3
成金ゴブリン×3
貪欲な壺×1
無の煉獄×3
打ち出の小槌×2
おろかな埋葬×1
暗黒界の取引×3
闇の誘惑×1
ダーク・バースト×1
テラ・フォーミング×1
暗黒界の門×3
トレード・イン×3
手札抹殺×1


-罠(0枚)-


-エクストラデッキ(15枚)-
ラヴァルバル・チェイン×1
ダイガスタ・エメラル×1
残りは数合わせ


-サイドデッキ(15枚)-
暗黒界の尖兵ページ×2
大嵐×1
サイクロン×2
ブラック・ホール×1
聖なるバリア-ミラーフォース-×2
激流葬×2
転生の予言×1
死者蘇生×1
神の警告×2
神の宣告×1



キーカード:
①暗黒界の門   フィールド魔法
フィールド上に表側表示で存在する
悪魔族モンスターの攻撃力・守備力は300ポイントアップする。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する
悪魔族モンスター1体をゲームから除外する事で、
手札から悪魔族モンスター1体を選択して捨てる。
その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする。


②暗黒界の術師スノウ   効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 0
このカードがカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた場合、
自分のデッキから「暗黒界」と名のついたカード1枚を手札に加える。
相手のカードの効果によって捨てられた場合、
さらに相手の墓地に存在するモンスター1体を選択し、
自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。




回転の速い暗黒界にエクゾを突っ込んだ暗黒界エクゾです
他のエクゾと違う点は、「別に殴っても構わんのだろう?」というところ
エクゾがマッチ戦で厳しそうであればパーツを一通りサイドデッキと入れ替えて
普通の暗黒界にすることも可能

パーツ回収カードが少ないので、できるだけ貪欲な壺を大事に使っていかないとまずいです
先攻1ターンKILLを考慮に入れているので手札交換カード多め
ただ、特化してないので結構止まります
タグ :

ホルアクティデッキ②(図書館軸) 先攻1KILL特化

 2012-09-11
スピード★★★★★
スタミナ☆☆☆☆☆
攻撃力 ☆☆☆☆☆
守備力 ☆☆☆☆☆
圧縮率 ★★★★★
安定性 ★☆☆☆☆
特殊勝利型  先攻1KILL特化

ホルアクティデッキ②


-上級(5枚)-
オベリスクの巨神兵×1
オシリスの天空竜×1
ラーの翼神竜×1
光の創造神ホルアクティ×1
神聖魔導王エンディミオン×1


-下級(3枚)-
王立魔法図書館×3


-魔法(32枚)-
一時休戦×3
成金ゴブリン×3
無の煉獄×3
打ち出の小槌×3
二重召喚×1
死者蘇生×1
折れ竹光×2
黄金色の竹光×3
トゥーンのもくじ×3
トゥーン・ワールド×1
フォトン・リード×1
鳳凰神の羽根×2
テラ・フォーミング×1
魔法都市エンディミオン×2
暗黒界の取引×2
魔力掌握×1


-罠(0枚)-


-エクストラデッキ(15枚)-
ラヴァルバル・チェイン×1
ダイガスタ・エメラル×1
残りは数合わせ


-サイドデッキ(15枚)-
エフェクト・ヴェーラー×2
大嵐×1
サイクロン×2
ブラック・ホール×1
禁じられた聖衣×1
おろかな埋葬×1
異次元からの埋葬×1
墓穴の道連れ×2

魔法石の採掘×2
マインドクラッシュ×2



キーカード:

①王立魔法図書館   効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 0/守2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
このカードに乗っている魔力カウンターを3つ取り除く事で、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。


②魔法都市エンディミオン  フィールド魔法
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
魔力カウンターが乗っているカードが破壊された場合、
破壊されたカードに乗っていた魔力カウンターと
同じ数の魔力カウンターをこのカードに置く。
1ターンに1度、自分フィールド上に存在する魔力カウンターを
取り除いて自分のカードの効果を発動する場合、
代わりにこのカードに乗っている魔力カウンターを取り除く事ができる。
このカードが破壊される場合、代わりに
このカードに乗っている魔力カウンターを1つ取り除く事ができる。


③光の創造神ホルアクティ  効果モンスター
星12/神属性/創造神族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上の、元々のカード名が「オシリスの天空竜」
「オベリスクの巨神兵」「ラーの翼神竜」となるモンスターを
それぞれ1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
このカードの特殊召喚は無効化されない。
このカードを特殊召喚したプレイヤーはデュエルに勝利する。


④神聖魔導王エンディミオン  効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2700/守1700
このカードは自分フィールド上に存在する
「魔法都市エンディミオン」に乗っている魔力カウンターを6つ取り除き、
自分の手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する魔法カード1枚を手札に加える。
1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てる事で、
フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。

⑤死者蘇生  通常魔法(制限カード)
自分または相手の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。




徹底したホルアクティ召喚特化デッキです  途中で止まったら終わります
図書館でデッキを圧縮、と共に魔力カウンターを貯め、
オシリス・オベリスクを暗黒界や鳳凰神の羽根で墓地に送り「死者蘇生」で出し、
王立魔法図書館×2+エンディミオンをリリースしてラー召喚→ホルアクティ召喚の流れ
仮にエクシーズしていても死者蘇生に余裕が1回あるので割と成功率は高いです
エンディミオンのリリース方法はラー召喚・自身の効果で自壊の2つのみ

エンディミオンをわざわざ自壊させるのが勿体ないという理由で
最初は、装備モンスター+自身リリースで、2ドロー効果の魔法使い専用装備カードである
「ワンダー・ワイド」を入れようかと考えましたが、いざ入れて回してみたら
ラーのリリース要員が足りなくなるわ、捨てるに捨てられないわで大変だったので入れてません
相性自体は良いのですが微妙でした

ワンダー・ワイドを使うより、チェインでエンディミオンを確実に落とした方が効率が良いという始末
いいカードなだけに残念です

「強欲で謙虚な壷」はいつもの理由から除外  
特殊召喚できないとホルアクティのリリース要員が出せなくて終わっちゃいます


何だかんだで、結構ホルアクティを召喚しやすいのでよかったらどうぞ


貴様に神を見せてやる!
海馬瀬戸
いや、これ貴方の台詞ですよ?

タグ :

図書館サイエンカタパ  先攻1KILL特化型

 2012-09-10
スピード★★★★★
スタミナ☆☆☆☆☆
攻撃力 ★★★★★
守備力 ☆☆☆☆☆
圧縮率 ★★★★★
安定性 ★★☆☆☆
バーン型  先行1KILL特化


-上級(3枚)-
Sin・サイバー・エンド・ドラゴン×1
神聖魔導王エンディミオン×1
カタパルトタートル×1

-下級(5枚)-
王立魔法図書館×3
召喚僧サモン・プリースト×2

-魔法(32枚)-
おろかな埋葬×1
フォトン・リード×1
魔力掌握×1
リミッター解除×1
打ち出の小槌×2
無の煉獄×3
成金ゴブリン×3
トゥーンのもくじ×3
テラ・フォーミング×2
魔法都市エンディミオン×2
折れ竹光×2
黄金色の竹光×3
二重召喚×2
死者蘇生×1
トゥーン・ワールド×1
暗黒界の取引×2
カップオブエース×2

-エクストラデッキ(3枚)-
サイバー・エンド・ドラゴン×1
ラヴァルバル・チェイン×1
ダイガスタ・エメラル×1
残りLv6以下の通常融合モンスターなど含めて合計15枚になるようにすると良いかと


-サイドデッキ(15枚)-
簡易融合×1
大嵐×1
サイクロン×3
月の書×1
増殖するG×2
トラゴエディア×1
禁じられた聖衣×1
禁止令×3
魔法石の採掘×2



キーカード:
①王立魔法図書館   効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 0/守2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
このカードに乗っている魔力カウンターを3つ取り除く事で、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。


②魔法都市エンディミオン  フィールド魔法
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
魔力カウンターが乗っているカードが破壊された場合、
破壊されたカードに乗っていた魔力カウンターと
同じ数の魔力カウンターをこのカードに置く。
1ターンに1度、自分フィールド上に存在する魔力カウンターを
取り除いて自分のカードの効果を発動する場合、
代わりにこのカードに乗っている魔力カウンターを取り除く事ができる。
このカードが破壊される場合、代わりに
このカードに乗っている魔力カウンターを1つ取り除く事ができる。


③神聖魔導王エンディミオン  効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2700/守1700
このカードは自分フィールド上に存在する
「魔法都市エンディミオン」に乗っている魔力カウンターを6つ取り除き、
自分の手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する魔法カード1枚を手札に加える。
1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てる事で、
フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。


④Sinサイバー・エンド・ドラゴン 効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻4000/守2800
このカードは通常召喚できない。
自分のエクストラデッキから「サイバー・エンド・ドラゴン」1体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。




サイエンカタパです  誰が何と言おうとサイエンカタパです
サイエンはサイエンでも魔導サイエンティストではなく、Sinサイバーエンドですが
現代版のサイエンカタパ  2012年9月からの制限・禁止ルールを守っています

先行で決まってしまえば、相手の手札に「エフェクト・ヴェーラー」「ハネワタ」が無ければ勝てます
というか対策といえるカードが少ないです ハネワタ自体入れる人がほぼいないので
先行1KILL防止できるメジャーなカードは「エフェクト・ヴェーラー」位


回し方としては、
①「召喚僧サモンプリースト」や召喚権を使い「王立魔法図書館」を召喚
②魔法カードを発動しまくり、手札を維持しつつ早めに「魔法都市エンディミオン」を発動
③Sinサイバー・エンド・ドラゴンをドローする
④「神聖魔導王エンディミオン」と「リミッター解除」の両方をドローするか墓地送りに
⑤魔法都市エンディミオンに魔力カウンターを6以上、または12以上貯める
(12以上あると安心。魔力は結構余裕があるので、ドロソ不足ならエンディミオン使い回しで魔法回収を)
⑥二重召喚発動後、王立魔法図書館orラヴァルをリリースしてカタパルト・タートルをアドバンス召喚
⑦エクストラデッキの「サイバー・エンド」を除外し、「Sinサイバー・エンド・ドラゴン」を特殊召喚
⑧「リミッター解除発動」 「Sinサイバーエンド」の攻撃力が8000に
⑨「カタパルトタートル」で「神聖魔導王エンディミオン」発射 1350ダメージ
⑩「神聖魔導王エンディミオン」の効果で魔力を6除き墓地から特殊召喚、と同時に「リミッター解除」回収
⑪「リミッター解除」発動 「Sinサイバーエンド」の攻撃力が16000に
⑫「カタパルトタートル」で「神聖魔導王エンディミオン」発射 1350ダメージ
⑬「カタパルトタートル」で「Sinサイバーエンド(攻撃力16000状態)」発射 8000ダメージ
⑭「カタパルトタートル」で「カタパルトタートル」自身を発射 500ダメージ

合計ダメージ11200 成金3回使用状態であればこれで勝ちです

必ず自力でドローしなければならないカードは、Sinサイバーエンド・王立魔法図書館の2枚のみ
「死者蘇生」は愚かな埋葬orラヴァルからの「カタパルトタートル」or「図書館」蘇生専用
「愚かな埋葬」は「神聖魔導王エンディミオン」か「カタパルトタートル」を墓地に落とすため採用
「フォトン・リード」は手札が「王立魔法図書館」1枚では足りなさそうな時用に1枚だけ採用
「ラヴァルバル・チェイン」はあくまで最後まで「神聖魔導王エンディミオン」を引けなかった時に
「ダイガスタ・エメラル」は墓地にSinサイバー・エンドが落ちた時用  ぶっちゃけ保険なのでほぼ不要
サモンプリースト&王立図書館or王立図書館×2でエクシーズ召喚をどうぞ

二重召喚がなくともフォトン・リードを複数入れておくという手もありますが
二重召喚の方が扱いやすかった(何枚使おうと2回固定とはいえ、1ターンに何枚でも使える)ので
フォトン・リードは1枚だけ

トゥーンのもくじがあるので、ブルーアイズ・トゥーン+トレードインでも良かったんですが
両方1枚ずつでは必ずどちらかしか引けず邪魔になってちょっと回りにくかったので
トゥーン・ワールドを採用

エンディミオンダイイチダァ! の前に手札にリミッター解除・Sinサイバーエンドがあるなら
「魔法都市エンディミオン」の魔力は6でOK 墓地にリミッター解除があるなら魔力が12必要となります

サイエンカタパの恐怖が再び蘇ってきた!
といっても昔のサイエンカタパに比べたら成功率が低いので安定性はありません
一応相手初手に「エフェクト・ヴェーラー」がなければ成功率5~6割

先行1KILL型としてはちょっと確率が物足りないかもしれません  でもロマンがあります
ちなみにやりすぎると「魔法都市エンディミオンの魔力36(魔力42は40枚デッキ・カードの残量上無理)」
手札にリミッター解除で×2~6乗+1回なので7乗=128倍
Sinサイバーエンドの元々の攻撃力は4000  つまり・・・

Sin・サイバー・エンド・ドラゴンは  最大攻撃力512000 になります




なんだと!? 
攻撃力512000のSinサイバーエンドだとおぉ!?

サイバーエンド
カタパで発射しても普通に超オーバーキルです

タグ :

終焉のカウントダウンデッキ

 2012-09-10
スピード★☆☆☆☆
スタミナ★★★★☆
攻撃力 ☆☆☆☆☆
守備力 ★★★★★
圧縮率 ★★☆☆☆
安定性 ★☆☆☆☆
終焉のカウントダウン型


-上級(0枚)-


-下級(11枚)-
速攻のかかし×3
バトル・フェーダー×3
カードカー・D×2
ゼロ・ガードナー×3

-魔法カード(15枚)
終焉のカウントダウン×3
サイクロン×2
封印の黄金櫃×2
成金ゴブリン×3
一時休戦×3
強欲で謙虚な壷×2


-罠カード(14枚)-
威嚇する咆哮×3
覇者の一括×3
和睦の使者×3
激流葬×1
神の宣告×1
魂の氷結×3


-エクストラデッキ(0枚)-
適当に15枚入れておくと良いかと


-サイドデッキ(15枚)-
ミスティック・パイパー×3
大嵐×1
増援×1
サイバー・ヴァリー×2
魔法石の採掘×2
ブラックホール×1
光の護封壁×1
激流葬×1
自爆スイッチ×3




キーカード:
①終焉のカウントダウン  通常魔法
2000ライフポイント払う。
発動ターンより20ターン後、自分はデュエルに勝利する。


②ゼロ・ガードナー  効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 0/守 0
このカードをリリースして発動する。
このターン自分のモンスターは戦闘では破壊されず、
相手モンスターとの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。



「終焉のカウントダウン」のみに頼った特殊勝利型デッキ
しかし安定はしないので、マッチ戦で2戦目以降勝ち逃げできるよう 
自爆スイッチ・光の護封壁をサイドデッキに投入済

基本的に守って勝つ戦い方なので、プレイする分には楽しいですが見てる分にはつまらなく感じるかも
今はほとんど遭遇しませんが、「ホルス御触れ」に非常に弱く 
「終焉のカウントダウン」発動前にホルスLv8が出てきた時点で詰みます

現環境でメジャーどころであれば、「光と闇の竜」や「No.16 色の支配者-ショック・ルーラー-」で詰み
バーンデッキにも弱いので弱点はかなり多いです

また、このデッキは基本的に召喚権を殆ど使わないので、「カード・カーD」などとかなり相性が良く
ドローソースとして活躍します。 デッキに投入できる候補として
「レインボー・ライフ」「ホーリーライフバリアー」なども候補に挙がるかと
ただ罠を多く入れすぎても動きづらいだけなので、あくまで候補

※「光の護封剣」「グラビィティバウンド-超重力の罠」「レベル制限B地区」等も挙がると思いますが
サイクロン無制限の現環境では、あっさり破壊されるのがオチなので入れてません



-補足(このデッキで間違えやすいルール)-
①「終焉のカウントダウン」は、相手のターンで数えて10ターンで勝利する
(間違えやすいルールの1つ、ターンカウントは相手及び自分のエンドフェイズごとに1つずつ進みます。
発動ターンを1ターン目と数えるので、相手のターンで数えて10ターン目のエンドフェイズで勝利です)

②「運命の火時計」でターンカウントを1つ進めることができる
(サイドにすら投入していませんが、一応終焉のカウントダウンに対し発動可能 正直効果は微妙)

③「終焉のカウントダウン」は通常魔法なのでフィールドには残らない
(光の護封剣と似たような効果なので勘違いしがちですが「封印の黄金櫃」同様、発動後墓地行きです)

④「魂の氷結」は、バトルフェイズに入る宣言をした次のバトルフェイズをスキップさせる効果である
(つまり相手がバトルフェイズに入らず黙ったままであれば、次のターンに効果を持ち越すことができる)


秘孔の中で最も破壊力を持つ必殺の秘孔『人中極』を突いた。
お前の命は後20ターンだ
ケンシロウ

20ターン?フフフフフ・・・面白い、ならばその20ターン、オレが数えてやろう。
↑どうなるかはプレイヤー次第
タグ :

メタモル&ワームデッキ破壊  先攻1KILL

 2012-09-08
スピード★★★★★
スタミナ☆☆☆☆☆
攻撃力 ☆☆☆☆☆
守備力 ☆☆☆☆☆
圧縮率 ★★★★★
安定性 ★☆☆☆☆
デッキ破壊型 先攻1KILL特化型

-上級(0枚)-


-下級(5枚)-
ADチェンジャー×3
メタモルポット×1
ニードルワーム×1


-魔法(35枚)-
おろかな埋葬×1
太陽の書×3
皆既日蝕の書×3
魔法石の採掘×2
手札抹殺×1
打ち出の小槌×2
浅すぎた墓穴×3
異次元からの埋葬×1
手札断札×3
一時休戦×3
成金ゴブリン×3
封印の黄金櫃×1
無の煉獄×2
月の書×1
大嵐×1
鳳凰神の羽根×3
暗黒界の取引×2


-罠(0枚)-


-エクストラデッキ(0枚)-
何か適当に15枚入れておけばカモフラージュにはなるかと

-サイドデッキ-
溶岩魔人ラヴァー・ゴーレム×2
ブラックホール×1
サイクロン×3
速攻のかかし×3
カオスポッド×3
封印の黄金櫃×1
打ち出の小槌×1
クリッター×1



-キーカード-
①メタモルポット   効果モンスター(制限カード)
星2/地属性/岩石族/攻 700/守 600
リバース:お互いの手札を全て捨てる。
その後、お互いはそれぞれ自分のデッキからカードを5枚ドローする。


②ニードルワーム  効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 750/守 600
リバース:相手のデッキの上からカードを5枚墓地へ捨てる。


③ADチェンジャー  効果モンスター
星1/光属性/戦士族/攻 100/守 100
墓地に存在するこのカードをゲームから除外し、
フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの表示形式を変更する。


④皆既日蝕の書
速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て裏側守備表示にする。
このターンのエンドフェイズ時に相手フィールド上に
裏側守備表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にし、
相手はその枚数分だけデッキからカードをドローする。


⑤太陽の書
通常魔法
フィールド上に裏側表示で存在するモンスター1体を選択し、表側攻撃表示にする



ニードルワームとメタモルポッドを利用したデッキ破壊、先行1KILLデッキです
メタモルポッドを1ターン目に引けなければ負け(どうにかして無理やり持ってくるしかない)です
ジャンケンに勝つか負けるか 初手メタモルを持ってこれるかのゲームとなります
おい、デュエルしろよ

どうでもいいことですが、どう足掻いてもライオウで詰むけど気にしたら駄目ですよ
後、ドローソースで優秀な「強欲で謙虚な壷」ですが、 
このデッキでは仕上げの「浅すぎた墓穴」を邪魔するだけになるので入れてません

回し方は至ってシンプル

①メタモルをセット
②「太陽の書」発動 「メタモル」発動 同時に手札からチェーンで月の書or皆既日蝕の書→メタモル裏側
③ADチェンジャーまたは「太陽の書」で「メタモル」発動  と同時に手札から月or皆既日食
以下ループで手札を補充しつつデッキ減らしていく(自分のデッキもガリガリ削られるので注意!)


デッキ枚数がそれなりになってきたらニードルワームを「浅すぎた墓穴」でセット
ADチェンジャーか太陽の書で相手のデッキ破壊

それでも足りなかったら最後にカードを伏せて「手札抹殺」をしたり
「皆既日食の書」効果でうまく使用するとOK  

どうしても手札にもってこれそうにないときは
①封印の黄金櫃→異次元からの埋葬→鳳凰神の羽根→ドローソース
②封印の黄金櫃→異次元からの埋葬→浅すぎた墓穴
③おろかな埋葬→鳳凰神の羽根→ドローソース
④おろかな埋葬→浅すぎた墓穴

で強引にもってくるのもあり
ただこれに「太陽の書」or「ADチェンジャー」が必要なので⑤以外は結構厳しいコンボです
(「手札抹殺」「手札断札」等で「ADチェンジャー」が既に墓地に落ちていれば話は別)




-補足(このデッキで間違えやすいルール)-
①速攻魔法カードはセットしたターンに表にして発動できない。
(通常魔法はスペルスピード1なのでできますが、速攻魔法はルール上無理 ハリケーンがないもんね)

②メタモルポット発動に手札から「月の書」・「皆既日蝕の書」はチェーン発動できる
(速攻魔法は自分のターンであれば、手札からチェーン発動可能 書の効果→メタモル効果なので使用OK)

③デッキ破壊は、相手がカードを「ドローできなくなったら」勝ち
(ワームで破壊枚数が足りない時はまだ勝利ではないので注意! 手札断札等でドローさせる必要がある)
エンド宣言で相手はドローフェイズで終わりますが 先行1KILLに拘るのであれば覚えておきたいルール

④浅すぎた墓穴は相手に蘇生可能なモンスターがいなければ発動できない
(カード発動の最低条件なので当たり前のことですが、割と間違えやすいので一応補足)

④リバース・反転召喚(表示変更でも可)は1ターン1枚につき1回限り)
(仮にこのデッキに「二重召喚」を入れて召喚権を残したまま1枚で反転召喚複数回 なんてことはできません)
※反転召喚は召喚権の関係ない「表示変更」扱いであるため  ADチェンジャーか太陽の書を使うしかない 


このデッキは先行1KILL特化、つまり先行を取れば・・・ 

あいての!ターンは!!おとずれなぁい!!!
魔王さま
魔王様も大喜びのようです
タグ :

ホルアクティデッキ(ブリキガジェ軸)

 2012-09-07
スピード★★☆☆☆
スタミナ★☆☆☆☆
攻撃力 ★★★☆☆
守備力 ★★☆☆☆
圧縮率 ★★★☆☆
安定性 ★★★☆☆
特殊勝利型

-上級(6枚)-
オベリスクの巨神兵×2
オシリスの天空竜×2
ラーの翼神竜×1
光の創造神ホルアクティ×1

-下級(14枚)-
レッドガジェット×2
イエローガジェット×2
グリーンガジェット×2
ブリキンギョ×3
ジェスター・コンフィ×2
レベル・スティーラー×3

-魔法(20枚)-
おろかな埋葬×1
モンスターゲート×1
一時休戦×3
手札断札×3
二重召喚×3
手札抹殺×1
死者転生×2
死者蘇生×1
大嵐×1
浅すぎた墓穴×3
ワン・フォー・ワン×1

-罠(0枚)-


-エクストラデッキ(15枚)-
ラヴァルバル・チェイン×2
イビリチュア・メロウガイスト×1
ジェムナイト・パール×1
No.16 色の支配者ショック・ルーラー×1
No.39 希望皇ホープ×1
No.50 ブラック・コーン号×1
カチコチドラゴン×1
ギアギガントX ×2
ヴェルズ・ウロボロス×1
インヴェルズ・ローチ×1
交響魔人マエストローク×1
ダイガスタ・エメラル×1
ガガガガンマン×1

-サイドデッキ(15枚)-
神の宣告×1
神の警告×2
ブラックホール×1
血の代償×1
奈落の落とし穴×2
カードカー・D×2
強欲で謙虚な壷×1
サイクロン×2
マインドクラッシュ×1
転生の予言×1
聖なるバリア-ミラーフォース-×1



キーカード:
①レベル・スティーラー  効果モンスター
星1/闇属性/昆虫族/攻 600/守 0
このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールド上のレベル5以上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターのレベルを1つ下げ、
このカードを墓地から特殊召喚する。
このカードはアドバンス召喚以外のためにはリリースできない

②ワン・フォー・ワン  通常魔法(制限カード)
手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

③光の創造神ホルアクティ  効果モンスター
星12/神属性/創造神族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上の、元々のカード名が「オシリスの天空竜」
「オベリスクの巨神兵」「ラーの翼神竜」となるモンスターを
それぞれ1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
このカードの特殊召喚は無効化されない。
このカードを特殊召喚したプレイヤーはデュエルに勝利する。



今回はホルアクティ特化型の暴走カエル軸ではなく、ブリキガジェ軸に
サイドデッキと入れ替えることで普通にブリキガジェ・代償ガジェに切り替えることも可能
(ただその場合、抜くカード数の関係でオベリスクorオシリスが入ったままのオベガジェorオシガジェ)
正直ラー・ホルアクティを抜いてエクストラ枠でエクシーズして普通に戦ったほうが強(ry

注意:
サイド・エクストラデッキを使わないとライオウで詰みます

全部の神をアドバンス召喚するのは厳しいので
モンスターゲート、浅すぎた墓穴などで特殊召喚する前提で組んでいます
(↑はあくまでホルアクティに拘った場合、正直オベリスクorオシリスで殴ったほうが早いし強いです)

回し方として、
手札抹殺、手札断札、愚かな埋葬で早めにオベリスク・オシリスを送る
二重召喚発動→ブリキンギョを召喚→手札のLv4ガジェを召喚
→浅すぎた墓穴や死者蘇生でオベリスク・オシリス復活
→ワン・フォー・ワンorオシリスを対象にレベル・スティーラー特殊召喚
→3体リリースで「ラー(ライフちゅっちゅギガント)」をアドバンス召喚
→3幻神リリースしてホルアクティで勝利
理論上は先行1KILL可能  といっても相手も墓地蘇生なモンスターを最低2体墓地に送っている前提なので
確率は非常に薄いです

正直手札が非常に重かったです ライフちゅっちゅギガントが原因で動きづらい  

それはさておき、デッキを作ったら早速テストということで
近所のカードショップで数人に協力してもらいVSガチ(HEROや準聖刻や暗黒界など)と戦った感想ですが、
それなりに回ってはくれました 
正直ラーが邪魔でホルアクティ出すよりオベガジェorオシガジェで殴った方が強かったという
 
最初はリビングデッドの呼び声辺りを投入していたのですが
伏せカードはサイクロンであっさり破壊されるのでいっそのこと罠を入れずに回そうと思い
今のデッキに落ち着いたという裏話
後「強欲で謙虚な壷」が色々と邪魔だったのでサイドデッキ送り   特殊召喚封印は厳しいね


余談ですが、これを全部お金に換えたとしたら多分他のデッキを3つ位作れると思います
ホルアクティとエクストラデッキで金額がやばい!



-補足(このデッキで間違えやすいルール)-
①ホルアクティの特殊召喚は必ず三幻神のカードをリリースしなければならない
(ファントム・オブ・カオス等をリリースしての召喚は不可能 ズルは駄目ってことみたいです)

②ホルアクティを特殊召喚する際に、三幻神は表側でも裏側守備表示でもどちらでも構わない
(リリース時に裏側であっても三幻神であればリリースしてホルアクティを特殊召喚できる)

③オシリス・オベリスクは墓地・デッキから特殊召喚が可能
(エンドフェイズまでしか保ちませんが、特殊召喚自体は可能です ※ラーは出来ません)



不死鳥は
      再び墓地から
              舞い戻る
   本日のマリ句
マリク
※舞い戻りません

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。