スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

育成論-レパルダス-

 2012-07-06
レパルダス

-育成論1(無限空を飛ぶ・ダイビング・穴を掘る・シャドーダイブ型)-
特性:悪戯心
性格:腕白
努力値:252-0-236-0-52-0
実数値:167-108-110-x-77-126
持ち物:後攻の尻尾

技構成(確定):猫の手
技構成(選択):トリック、挑発、イカサマ、電磁波、威張る、身代わり、アンコール、叩き落とす

-調整内容-
物理耐久:
・A200ハッサムのバレットパンチ 砂ダメ2回(ダメージ10×2)込で最高乱数2連続以外確3(ダメージ63~75)
・A204カイリューの竜舞3積み神速耐え

特殊耐久:
・C160以内の一致雷確定耐え

素早さ:
無振り 一応最速バンギ抜き抜き


悪戯心で先制猫の手→空を飛ぶで1ターン退場→相手攻撃外す
→後攻尻尾効果で相手先行攻撃外す→空を飛ぶの無限コンボ型

攻撃食らって怖いのは先制技・雷・暴風くらいだったのでそこで調整
火力は振ってもローブシンを落とせないので無振り  素早さもこの型では不要なのでカット
猫の手で空を飛ぶを出し続ける以上、自然と後続はエアームド・ソーナンス辺りになると思うので
ナンスで1匹もっていけるよう、挑発を入れておくといいかと

※空を飛ぶは「暴風・雷・打ち落とす・スカイアッパー」が必中、重力も有効
ダイビングは「波乗り」が必中 また貯水・呼び水持ちに無効
穴を掘るは「地震・マグニチュード」が必中  また飛行・浮遊に無効
シャドーダイブは必中技こそないもののノーマルに無効
他にもノーガードカイリキーなど対策はいくらでも可能   

先制技持ちが居ないこと自体が少ない現在では決まりづらいコンボですが
決まれば即試合終了なので対策必須クラスかと

猫の手の特性上、他の技を出すわけにはいかない
=後続がほぼ「守る道連れゲンガー」や「両返しナンス」「空を飛ぶ・ダイビング系要員」で3匹固定なので
突破されるとこっちが戦闘不能確定となるのが弱点

ゴツメ持ちはトリックや叩き落とすで対策可(エアームド辺り) 
が、肝心のコンボが崩れるのでかなり厳しい

滅びの歌持ちは挑発で対策可(ニョロトノ・ラプラス)
VSユキノオーは空を飛ぶでごり押しOK
VSカバルドンは 挑発→両返しナンス(カバのみ)でOK
VS格闘はA211ローブシンの根性マッパでも1回は耐えるのでナンス交代でOK


VSカウンター・雷・暴風持ちは頑張って読んでください  
VS無限霰トド、無限砂グライオンは対面した瞬間降参安定  
この型(パーティ)では威張る運ゲーor玉砕覚悟で挑発威張るを決めない限り勝てません

VS再生持ちもしんどいので「いばるイカサマ(通称いばイカ)」に切り替えるのも手
VSナットレイは「いばみが(威張る+身代わり)orいばまも(威張る+守る)」が一番有効  
めざ炎を入れようにも後攻尻尾持ちなので対策になりません

なお全て物理技なので、VSカウンターは読みでどうにかするしかありません
何だかんだで割と有情で面白い型です   ↓と比べたら



-育成論2(戦略的放置型=切断・降参待ち型)-
特性:悪戯心
性格:陽気
努力値:252-0-0-0-6-252
実数値:171-108-70-x-71-173
持ち物:食べ残し
技構成(確定):猫の手 猫騙し、守る
技構成(選択):恨み、どくどく、辻斬りor不意討ち


-調整内容-
物理耐久:
なし

特殊耐久:
なし

素早さ:
最速


HP調整:
最大にして実数値増やし


間違いなく相手に嫌われる型なので使用する際は覚悟してください
少なくとも「勝つため」ではなく「降参させる」「切断させる」戦術なので
モラル云々はこの際遠くに投げ捨てちゃってください
 

なお、制限時間のないフレンド対戦では使えません

さて本題
猫騙しで少し削り、後は2分放置「猫の手→吠えるor吹き飛ばし」で勝つ最強最悪の害悪型
使ったら間違いなく切断されかねない型ですが、対策必須ってことで一応紹介

※確実に猫の手吹き飛ばしを出すため、
後続はほぼミラコカウンター道連れのナンスor天候要員+吹き飛ばし要員になります
吹き飛ばし要員のオススメは吹き飛ばし遺伝のカバルドン(※吹き飛ばしなら防音対策になるため)


BW2、BWのランダム対戦は60分経過時、
残りポケ数>HP割合>HP合計量>引き分け  の優先順位で勝ち負けが決まります
これを利用して初手猫騙しで少し削って、後は2分放置→悪戯心猫の手での先制吹き飛ばしで
合計30ターン粘ろうというのがこの型  
(猫の手の最大PP32=64分粘れるので、理論上ずっと俺のターンが可能)
万が一プレッシャー持ちと当たっても
猫の手32÷2(プレッシャーで半分)→16+守る16=32ターン=初手猫だましを入れると66分キープ可能
※戦闘エフェクト時間を考慮してないので実際はVSプレッシャー持ちでも80分近くキープできる計算
※実際猫の手は自分自身が対象となる技ですが、出た技次第でプレッシャーの効果が適用されます


弱点は
「ボルトロス・トルネロス・エルフーンによる悪戯心先制挑発」
「フェイント・神速持ちのポケモン」
「技:マジックコート」
「マジックミラー・防音・吸盤持ちのポケモン」
「相手先手のポケが精神力持ち、またはゴーストタイプだったり先制守るをされること」
「相手先手ポケが食べ残し持ちやアイスボディ持ちのため、途中で回復される」
「先制のツメ発動後の先制技」
「初手猫騙し読みのゴースト後出し、光の粉で猫騙しを避けられる」
「夢メタモンで対策用のどくどく、恨みを有効活用される(※恨み持ちならあまり被害なし)」
「数値S173以上(スカーフや葉緑素、すいすい込でも可)のポケモンからの先制技」
とそれなりにあります


が、これらを満たすレーティング勢のメジャーガチポケが
ボルトロス・トルネロス・砂隠れガブリアス・神速カイリュー・マッパゴウカザルくらいと少なめ
食べ残し持ちのためユキノオーも怖くありません
対策がとれない以上「ほぼ負けない型」ですが・・・確実な1勝のために60分賭ける人がいるのやら
まぁ・・・絶対に負けたくないなら使う人もいるかもしれません

※辻斬りはマジックミラーエーフィorネイティオピンポイント  恨みも神速ピンポイント


育成論1と違って具体的な対策の取りようがないので使われたら即降参するしかないかと
食べ残しもちならいけると書いてますが、後続にハピナスを入れたりで実数値負けする可能性もあるため
まともな対策は「先手挑発」か「神速をぶち咬ます」のみ

が、神速カイリューはどくどく→守るor恨み→守るのPP削りで潰せるので実質ガチポケでの対策は
ボルトロス、トルネロス、エルフーンの悪戯心挑発、砂状態ガブ、マッパ猿くらい」という鬼畜っぷり
時間も取られる上にバグ一切利用なしのちゃんとした戦術なのでLv1ココドラなどが可愛く見えてくる型だと思います
もしこの型を使う場合は間違いなく相手に嫌な顔をされることをお忘れなく

一応精神力ルカリオなど対策ポケは色々いますが今回は省略

結論:この型は暗黙の了解で使用禁止レベル
少なくとも私自身一度は作ってみたいとは思いますが「実践で使ってみたいとは思わない型」です  
「おい、ポケモンしろよ」


なお猫の手でドラゴンテールとともえ投げは出ない模様
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/06 22:35】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirumaex.blog20.fc2.com/tb.php/2244-4f87af32

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。