スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

メタモル&ワームデッキ破壊  先攻1KILL

 2012-09-08
スピード★★★★★
スタミナ☆☆☆☆☆
攻撃力 ☆☆☆☆☆
守備力 ☆☆☆☆☆
圧縮率 ★★★★★
安定性 ★☆☆☆☆
デッキ破壊型 先攻1KILL特化型

-上級(0枚)-


-下級(5枚)-
ADチェンジャー×3
メタモルポット×1
ニードルワーム×1


-魔法(35枚)-
おろかな埋葬×1
太陽の書×3
皆既日蝕の書×3
魔法石の採掘×2
手札抹殺×1
打ち出の小槌×2
浅すぎた墓穴×3
異次元からの埋葬×1
手札断札×3
一時休戦×3
成金ゴブリン×3
封印の黄金櫃×1
無の煉獄×2
月の書×1
大嵐×1
鳳凰神の羽根×3
暗黒界の取引×2


-罠(0枚)-


-エクストラデッキ(0枚)-
何か適当に15枚入れておけばカモフラージュにはなるかと

-サイドデッキ-
溶岩魔人ラヴァー・ゴーレム×2
ブラックホール×1
サイクロン×3
速攻のかかし×3
カオスポッド×3
封印の黄金櫃×1
打ち出の小槌×1
クリッター×1



-キーカード-
①メタモルポット   効果モンスター(制限カード)
星2/地属性/岩石族/攻 700/守 600
リバース:お互いの手札を全て捨てる。
その後、お互いはそれぞれ自分のデッキからカードを5枚ドローする。


②ニードルワーム  効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 750/守 600
リバース:相手のデッキの上からカードを5枚墓地へ捨てる。


③ADチェンジャー  効果モンスター
星1/光属性/戦士族/攻 100/守 100
墓地に存在するこのカードをゲームから除外し、
フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの表示形式を変更する。


④皆既日蝕の書
速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て裏側守備表示にする。
このターンのエンドフェイズ時に相手フィールド上に
裏側守備表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にし、
相手はその枚数分だけデッキからカードをドローする。


⑤太陽の書
通常魔法
フィールド上に裏側表示で存在するモンスター1体を選択し、表側攻撃表示にする



ニードルワームとメタモルポッドを利用したデッキ破壊、先行1KILLデッキです
メタモルポッドを1ターン目に引けなければ負け(どうにかして無理やり持ってくるしかない)です
ジャンケンに勝つか負けるか 初手メタモルを持ってこれるかのゲームとなります
おい、デュエルしろよ

どうでもいいことですが、どう足掻いてもライオウで詰むけど気にしたら駄目ですよ
後、ドローソースで優秀な「強欲で謙虚な壷」ですが、 
このデッキでは仕上げの「浅すぎた墓穴」を邪魔するだけになるので入れてません

回し方は至ってシンプル

①メタモルをセット
②「太陽の書」発動 「メタモル」発動 同時に手札からチェーンで月の書or皆既日蝕の書→メタモル裏側
③ADチェンジャーまたは「太陽の書」で「メタモル」発動  と同時に手札から月or皆既日食
以下ループで手札を補充しつつデッキ減らしていく(自分のデッキもガリガリ削られるので注意!)


デッキ枚数がそれなりになってきたらニードルワームを「浅すぎた墓穴」でセット
ADチェンジャーか太陽の書で相手のデッキ破壊

それでも足りなかったら最後にカードを伏せて「手札抹殺」をしたり
「皆既日食の書」効果でうまく使用するとOK  

どうしても手札にもってこれそうにないときは
①封印の黄金櫃→異次元からの埋葬→鳳凰神の羽根→ドローソース
②封印の黄金櫃→異次元からの埋葬→浅すぎた墓穴
③おろかな埋葬→鳳凰神の羽根→ドローソース
④おろかな埋葬→浅すぎた墓穴

で強引にもってくるのもあり
ただこれに「太陽の書」or「ADチェンジャー」が必要なので⑤以外は結構厳しいコンボです
(「手札抹殺」「手札断札」等で「ADチェンジャー」が既に墓地に落ちていれば話は別)




-補足(このデッキで間違えやすいルール)-
①速攻魔法カードはセットしたターンに表にして発動できない。
(通常魔法はスペルスピード1なのでできますが、速攻魔法はルール上無理 ハリケーンがないもんね)

②メタモルポット発動に手札から「月の書」・「皆既日蝕の書」はチェーン発動できる
(速攻魔法は自分のターンであれば、手札からチェーン発動可能 書の効果→メタモル効果なので使用OK)

③デッキ破壊は、相手がカードを「ドローできなくなったら」勝ち
(ワームで破壊枚数が足りない時はまだ勝利ではないので注意! 手札断札等でドローさせる必要がある)
エンド宣言で相手はドローフェイズで終わりますが 先行1KILLに拘るのであれば覚えておきたいルール

④浅すぎた墓穴は相手に蘇生可能なモンスターがいなければ発動できない
(カード発動の最低条件なので当たり前のことですが、割と間違えやすいので一応補足)

④リバース・反転召喚(表示変更でも可)は1ターン1枚につき1回限り)
(仮にこのデッキに「二重召喚」を入れて召喚権を残したまま1枚で反転召喚複数回 なんてことはできません)
※反転召喚は召喚権の関係ない「表示変更」扱いであるため  ADチェンジャーか太陽の書を使うしかない 


このデッキは先行1KILL特化、つまり先行を取れば・・・ 

あいての!ターンは!!おとずれなぁい!!!
魔王さま
魔王様も大喜びのようです
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirumaex.blog20.fc2.com/tb.php/2278-eaaef1e4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。