スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

図書館サイエンカタパ  先攻1KILL特化型

 2012-09-10
スピード★★★★★
スタミナ☆☆☆☆☆
攻撃力 ★★★★★
守備力 ☆☆☆☆☆
圧縮率 ★★★★★
安定性 ★★☆☆☆
バーン型  先行1KILL特化


-上級(3枚)-
Sin・サイバー・エンド・ドラゴン×1
神聖魔導王エンディミオン×1
カタパルトタートル×1

-下級(5枚)-
王立魔法図書館×3
召喚僧サモン・プリースト×2

-魔法(32枚)-
おろかな埋葬×1
フォトン・リード×1
魔力掌握×1
リミッター解除×1
打ち出の小槌×2
無の煉獄×3
成金ゴブリン×3
トゥーンのもくじ×3
テラ・フォーミング×2
魔法都市エンディミオン×2
折れ竹光×2
黄金色の竹光×3
二重召喚×2
死者蘇生×1
トゥーン・ワールド×1
暗黒界の取引×2
カップオブエース×2

-エクストラデッキ(3枚)-
サイバー・エンド・ドラゴン×1
ラヴァルバル・チェイン×1
ダイガスタ・エメラル×1
残りLv6以下の通常融合モンスターなど含めて合計15枚になるようにすると良いかと


-サイドデッキ(15枚)-
簡易融合×1
大嵐×1
サイクロン×3
月の書×1
増殖するG×2
トラゴエディア×1
禁じられた聖衣×1
禁止令×3
魔法石の採掘×2



キーカード:
①王立魔法図書館   効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 0/守2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
このカードに乗っている魔力カウンターを3つ取り除く事で、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。


②魔法都市エンディミオン  フィールド魔法
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
魔力カウンターが乗っているカードが破壊された場合、
破壊されたカードに乗っていた魔力カウンターと
同じ数の魔力カウンターをこのカードに置く。
1ターンに1度、自分フィールド上に存在する魔力カウンターを
取り除いて自分のカードの効果を発動する場合、
代わりにこのカードに乗っている魔力カウンターを取り除く事ができる。
このカードが破壊される場合、代わりに
このカードに乗っている魔力カウンターを1つ取り除く事ができる。


③神聖魔導王エンディミオン  効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2700/守1700
このカードは自分フィールド上に存在する
「魔法都市エンディミオン」に乗っている魔力カウンターを6つ取り除き、
自分の手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する魔法カード1枚を手札に加える。
1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てる事で、
フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。


④Sinサイバー・エンド・ドラゴン 効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻4000/守2800
このカードは通常召喚できない。
自分のエクストラデッキから「サイバー・エンド・ドラゴン」1体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。




サイエンカタパです  誰が何と言おうとサイエンカタパです
サイエンはサイエンでも魔導サイエンティストではなく、Sinサイバーエンドですが
現代版のサイエンカタパ  2012年9月からの制限・禁止ルールを守っています

先行で決まってしまえば、相手の手札に「エフェクト・ヴェーラー」「ハネワタ」が無ければ勝てます
というか対策といえるカードが少ないです ハネワタ自体入れる人がほぼいないので
先行1KILL防止できるメジャーなカードは「エフェクト・ヴェーラー」位


回し方としては、
①「召喚僧サモンプリースト」や召喚権を使い「王立魔法図書館」を召喚
②魔法カードを発動しまくり、手札を維持しつつ早めに「魔法都市エンディミオン」を発動
③Sinサイバー・エンド・ドラゴンをドローする
④「神聖魔導王エンディミオン」と「リミッター解除」の両方をドローするか墓地送りに
⑤魔法都市エンディミオンに魔力カウンターを6以上、または12以上貯める
(12以上あると安心。魔力は結構余裕があるので、ドロソ不足ならエンディミオン使い回しで魔法回収を)
⑥二重召喚発動後、王立魔法図書館orラヴァルをリリースしてカタパルト・タートルをアドバンス召喚
⑦エクストラデッキの「サイバー・エンド」を除外し、「Sinサイバー・エンド・ドラゴン」を特殊召喚
⑧「リミッター解除発動」 「Sinサイバーエンド」の攻撃力が8000に
⑨「カタパルトタートル」で「神聖魔導王エンディミオン」発射 1350ダメージ
⑩「神聖魔導王エンディミオン」の効果で魔力を6除き墓地から特殊召喚、と同時に「リミッター解除」回収
⑪「リミッター解除」発動 「Sinサイバーエンド」の攻撃力が16000に
⑫「カタパルトタートル」で「神聖魔導王エンディミオン」発射 1350ダメージ
⑬「カタパルトタートル」で「Sinサイバーエンド(攻撃力16000状態)」発射 8000ダメージ
⑭「カタパルトタートル」で「カタパルトタートル」自身を発射 500ダメージ

合計ダメージ11200 成金3回使用状態であればこれで勝ちです

必ず自力でドローしなければならないカードは、Sinサイバーエンド・王立魔法図書館の2枚のみ
「死者蘇生」は愚かな埋葬orラヴァルからの「カタパルトタートル」or「図書館」蘇生専用
「愚かな埋葬」は「神聖魔導王エンディミオン」か「カタパルトタートル」を墓地に落とすため採用
「フォトン・リード」は手札が「王立魔法図書館」1枚では足りなさそうな時用に1枚だけ採用
「ラヴァルバル・チェイン」はあくまで最後まで「神聖魔導王エンディミオン」を引けなかった時に
「ダイガスタ・エメラル」は墓地にSinサイバー・エンドが落ちた時用  ぶっちゃけ保険なのでほぼ不要
サモンプリースト&王立図書館or王立図書館×2でエクシーズ召喚をどうぞ

二重召喚がなくともフォトン・リードを複数入れておくという手もありますが
二重召喚の方が扱いやすかった(何枚使おうと2回固定とはいえ、1ターンに何枚でも使える)ので
フォトン・リードは1枚だけ

トゥーンのもくじがあるので、ブルーアイズ・トゥーン+トレードインでも良かったんですが
両方1枚ずつでは必ずどちらかしか引けず邪魔になってちょっと回りにくかったので
トゥーン・ワールドを採用

エンディミオンダイイチダァ! の前に手札にリミッター解除・Sinサイバーエンドがあるなら
「魔法都市エンディミオン」の魔力は6でOK 墓地にリミッター解除があるなら魔力が12必要となります

サイエンカタパの恐怖が再び蘇ってきた!
といっても昔のサイエンカタパに比べたら成功率が低いので安定性はありません
一応相手初手に「エフェクト・ヴェーラー」がなければ成功率5~6割

先行1KILL型としてはちょっと確率が物足りないかもしれません  でもロマンがあります
ちなみにやりすぎると「魔法都市エンディミオンの魔力36(魔力42は40枚デッキ・カードの残量上無理)」
手札にリミッター解除で×2~6乗+1回なので7乗=128倍
Sinサイバーエンドの元々の攻撃力は4000  つまり・・・

Sin・サイバー・エンド・ドラゴンは  最大攻撃力512000 になります




なんだと!? 
攻撃力512000のSinサイバーエンドだとおぉ!?

サイバーエンド
カタパで発射しても普通に超オーバーキルです

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirumaex.blog20.fc2.com/tb.php/2280-265b8d55

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。