スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

対人戦で心掛けていること

 2014-04-23
参考になるかわからないけど対人戦で心掛けていること


①所持金調整
序盤はできる限り所持金を1~2億未満をキープする
これは二倍マン調整のため また銀次対策もかねて
二倍になると約目的地1回分の利益になるので割と有効
大体4年目くらいまで


②臨時収入がある優良物件から買っていく
割と使えるのが甲府、富士宮、沼田の1000万物件 深谷の1億など
やっていると覚えます 


③岐阜、さぬき、御坊は止まれるときにかじっておく
この3つは武将が出現すると味方なら最強クラス、敵だと脅威なので
早めに抑えにいき相手に使われないよう注意しています
高知、鹿児島も厄介ですが8年以上じゃないとほぼ使わないので
優先度低め 最悪無視してもOK


④所持金が多い時はカード駅、カード売り場、青マス、赤マスには止まらないようにする
個人的な目安は7年以内なら6億 8年以上なら10億
大金抱えて銀次判定をくぐるのはリスキー
ただし特急周遊など高い買い物をしにカード売り場に止まる場合は除く


⑤だじゃれなどの妨害カードは以下のときにしか使わず基本的に温存する
1:なすりつけレースで自分が危ないとき
2:相手を崩せるとき
3:奪われたくない+捨てるよりマシなとき
4:どうしてもコンボ、連続ゴールを決めたいとき

ただ余りすぎても勿体ないので多くても4枚までにする
残りが機動力枠 妨害カード持ちすぎても苦しいだけです


⑥カード購入時、進行系は急行周遊1枚以上 ぶっとび系1~2枚にする
急行周遊1枚は序盤のお供
間違っても特急5枚のような偏った構成は避けます
理由は、周遊1~2+上位進行系3~4枚の形が臨機応変に対応できるため
急行周遊は途中捨てる恐れがあるので多くても2枚です
特急周遊以上なら全部周遊でもOK
コストパフォーマンスを考えた理論デッキ
徳政令フルポケットガードも忘れずに
期間延長は3回使った後(周遊系は3回までは絶対に壊れないから)


⑦ダビング(進行)は特急周遊以上があるときに使う、それまでは温存
また、暇なときに必ずダビングを済ませておきます
間違っても進行系ギリギリの状況でダビングはしません
それくらいそのターン動けないリスクは大きいです


⑧海路は使わないよう努力する
アド損しやすいのでできる限り海は渡りません
基本ぶっとび、またにワープ駅・空路


⑨鹿之助がいるときは手札空きを4枚以上にしない
七難八苦対策 また手札に空きがないときは進行系を空けます
理由は進行系の方が優秀なカードがもらえる期待値が高いから
便利系を空ける人が多いけど、当たりが少ないのでリターン少ないですよ?

牛歩・刀狩り・あっちいけ・指定ウンチ・☆願い・物件とび、周遊禁止
これらの何れか1枚が手に入る確率は、新幹線以上(特急周遊・新幹線周遊含む)より低い
進行系補充の1ターンは大きいので個人的には進行系を空けて特急周遊を狙いたいところ



⑩収益が高い物件から購入していく
利益重視 独占は物件額が高いと自重します
超・乗っ取り対策でもあります


⑪進行系はできる限り切らさないようプレイする
最後の1枚でカード売り場に止まれるよう心がけます
どうしても切れてしまう場合は仕方ない


⑫隣の芝生を制するものは桃鉄を制する
古事記にもそう書いてある  芝生先生のコピー術 ゴウランガ!
芝生をみたら奪うか破壊することを心がけています 使われたらめんどくさい


⑬桃鉄は目的地へ向かうゲームではなく、貧乏神を避けるゲーム
ただし所持物件が5件以上のときに限る
4件以下&3年目11月以内であれば貧乏神は敏腕秘書になることも 伏字と瓦割りがめんどくさいけど・・・
(変化がエアプレンボンビーorミニにしかならないため)


⑭レッツ5カードはあまり使わない
カードが使えず5マスしか進めないのでできるだけ使いません
貧乏神がつかずに4ターンほどフリーでレッツ5ループができるのであればやる感じ
(九州の3カード駅ループ、北海道・沖縄のダビングループ 大阪・伊賀のイベントループなど)
リスクが大きすぎるのでアド損しやすいです


⑮貧乏神を抱えての孤立は避ける
収益を伸ばし続けるのであれば基本中の基本だと思っていること 
ただし1年目は除く


⑯クレジットカードはできる限り決算ギリギリ前に
借金にならないように  それまでに確実に自分がゴールする、銀河へいくなど
資金を確保できる保障や自信がない限りはクレカは自重です



⑰決算時の差は 相手の総資産の差+相手との収益の差で考える
総資産で仮に1億差で勝っていても 収益差が10億差で負けていては来年抜かれるから
この場合自分が1位でも 9億差で「負けている」と考えています
割と収益・カード重視のプレイ


⑱確率の低いカードは1度で成功するとは思わない 信用しない
主に「裸一貫カード」「乗っ取りカード」「目的地カード」「便利系消滅カード」

目的地カードは万が一の保険にもできますが、
基本的には成功したら大きい、失敗しても問題ない場面で使っています
100%以外に頼りすぎてはいけない。



心掛けていることはこれだけ
後はその場の判断です

さくま相手なら新幹線周遊以上を手に入れるまで「海路」を使って移動しない 
と思うだけでも結構マシになる気がします  特に日本海





スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirumaex.blog20.fc2.com/tb.php/2505-766dfbe2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。